GSSの進めるオフショア開発とは
その1.お客様にメリットを感じていただける開発
今までのオフショア開発においては、開発ベンダーの原価を削減することにとどまり、 お客様にそのメリットを十分感じていただけずに終わっている開発が多いのではないでしょうか? 弊社はお客様にオフショアのメリットを感じていただけることを目的としております。
※ 一例としてBridge Engineerの工数を含めても40万円台/人月 からの開発が可能です。

その2.国内開発と同じ感覚でシステム開発
海外経験豊富なスタッフにより海外のソフト開発ベンダーと緊密な関係をとりつつ システム開発を進めております。そのためお客様にオフショア開発におけるリスクを 感じさせることなく国内開発と同じような感覚でシステム開発を進めていただけます。また品質においても、 国内開発と同様の品質を弊社が保証いたします。
※ 日本企業の開発経験豊かな海外ベンダーと提携して開発を進めており、 品質セキュリティー面についても安心して開発をすすめていただけます。

その3.開発要員の確保の心配がなくなります
海外には、国内とくらべて圧倒的に多くのシステムエンジニアが存在します。 国内でJavaの優秀なエンジニアを10人揃えようとすれば大変な努力が必要です。 オフショア開発であれば、容易に要員の確保が可能です。
※ 10人月以内の開発には即時対応可能です。
オフショア開発プロセスについて
オフショア開発を行うには、仕様の翻訳作業やローカライズ作業が必要となります。これらの独自工程を全てGSSの作業として行う事により、お客様よりオフショア開発のリスクを切り離し、国内開発と同様な品質をお客様に保証できます。
オフショア開発をスムーズに行うには

●開発手段の十分な説明
●海外の開発方法・体制の十分な理解
●QA対応、進捗確認等をスムーズに行えるコミュニケーション力

が、プロジェクト成功への大きなカギとなります。これらの事はオフショア開発を行う双方の会社が協力し合いお互いを仲間と認める事ではじめてできる事だと考えております。 海外経験豊かなエンジニアを抱えているGSSだからこそこれらの事が可能となります。
GSSの仲間
アジア地図